ワタシニホンゴワカリマセン

というわけで。
会社で正しい日本語を学んでみました。

なにをいまさら、と思う方もいらっしゃる存じ上げますが、
                   ↑      ↑
                 (尊敬語)   (謙譲語)

意外と敬語の使い方が間違っていて自分でも驚いております。



・・・ってここで敬語を使うのはなんか変。笑
普通にいきます。

さて、学んだ中から普段から使ってそうな間違いの一例を。

「申し訳ありません」
「××さんからご説明していただきたいのですが」
「こちらがご依頼の資料になります」


さあ、あなたは分かりますか?
上の3つとも間違ってるんですよ!!

それにしても、俺も結構間違えて使っているなぁ。
叩けばいくらでも出てきそうな気がします。
正しい、きれいな日本語で話をしたいですね。

もちろん、会社とかでは丁寧に越したことはないけど、
仲のよい友人の間では距離をおいた雰囲気になりかねないので
時と場合を考えて。。。







あ、それよりも最近漢字が書けないんだった。笑




さて、解答編。

「申し訳ありません」⇒「申し訳ないです」

「申し訳ない」で一つの単語なので、申し訳ありませんはだめ。
ほかにも、申し訳ないことです。などが可。


「××さんからご説明していただきたいのですが」

「ご・・・する」は謙譲語です。
「ご」ってつくから尊敬かと思いきや、「・・する」とつながると謙譲語なんだな。
尊敬語にするなら「ご・・・なさる」や「・・・いただく」
よって正解は
「××さんからご説明いただきたいのですが」


「こちらがご依頼の資料になります」

基本的に「なる」っていうのは、状態が変化すること。
こういう状況では、「(資料に期待していると思いますが、)こちらが資料になります」
という感じになり、相手の期待に添えない資料ですという意味になってしまいます。
だったらお客様に見せるなって話で、不愉快に思われる恐れが。

正解は、「こちらがご依頼の資料です」





さあどうです?
日本語って難しいよね。
思わずしゃべってしまいそうだから、気をつけて話さないと。

[PR]

by tomoina777 | 2006-09-01 00:23 | 想 (独り言)