テレビ鑑賞

TBSでやっていた「日本語チャンピオン決定戦’05」
ついつい夜ご飯を食べながら最後まで見てしまいました。
そういう方も多いのでは?

この番組、単なる日本語の試験なんですけど、なかなか面白かった。
普段自分が使ってる日本語がいかに間違っているかを思い知らされました。

例えば。

Q.「物語のさわりだけ」の”さわり”の意味は?

分かります?
これ、”最初”って意味じゃないんですよ。
そんなの俺も知らなかった。SPIとかで出てたら間違いなくやられてるね。

Q.「姑息な手段」の”姑息”の意味は?

”ずるい”とか”卑怯な”って意味で普通使うじゃないですか。
でも本当は違うんだってさ。

マジ日本語って難しいね。
こんな難しい言葉を母国語にするのはやめて英語とかにすればいいのに。
今の国際化進む世の中、英語の方がよっぽど重要ですよ。
(まぁ俺は英語話せないんですけど・・・)


あ、上の問題の答え。下を反転させると見えますよ。
さわり・・・最も感動する見どころ・聞き所、つまりクライマックス
姑息・・・その場しのぎの

[PR]

by tomoina777 | 2005-06-29 21:38 | 想 (独り言)