時の流れに身を任せない

もう4月です。
こないだ年越しした気分だったんですけど・・・

なんか年をとるごとに時間が早く過ぎるような気がします。
そこで、ふと気がつきました。
気がするんじゃくて、本当に早くすぎているのでは?と。

人間の脳細胞って生まれて数年すると単調減少するらしい。
ってことは年を追うごとに1年のうちに記憶できる量も減ると仮定。
そーすっと10年前の1年より今の1年の方が記憶している思い出も少なく
その分1年が早く経過しているように見えるのでは。

ってこんな言い回しではたして伝わっているのか?
まぁ要するに脳細胞の数と時間の流れに相関関係があることを言いたかった。
数学的に表すと、

「思い出の数∝脳細胞の数」
ゆえに「脳細胞の数が少ない=思い出が少ない=時間が早く過ぎる」

※∝は比例って意味の記号

理系ちっくでごめん。

ちなみに、二日酔いするほど飲むと
脳細胞は150万個ほど死んでしまうらしい。
これからのシーズン、みなさまお気をつけあれ。

[PR]

by tomoina777 | 2005-04-01 00:48 | 想 (独り言)